· 

魂レベルの幸せを感じて 心をそこに重ねていくためにノートをするんだよ♡ その①

NZに行って 目が変わってきた。目に光が宿ったような 自分の目じゃないみたい!
NZに行って 目が変わってきた。目に光が宿ったような 自分の目じゃないみたい!

ニュージーランドに行って🇳🇿
3日目に行った コロマンデルの洞窟。

この一帯は すんごいエネルギーで
目がグラグラして 
第三の目といわれる眉間のあたりが
グワーーーって開かれたみたいになって
持ってかれるような感覚があったんです。

で その日 帰ってきて 鏡を見たら
目が変わってました。
なんか なんとも言えない目。

私じゃないみたいな 目になってるぅ〜〜!!
って 思いました。
私の中で なにかが起こったのでしょうね。

ここです。この壁のあたりから 強烈なパワーがグワーーーって!
ここです。この壁のあたりから 強烈なパワーがグワーーーって!

それから 不思議な出来事が続いたのですが。


途中 なんども勝手に涙が出てきたり

感動して 魂が震えるような感覚があったり。


あるときは
一気に鳥肌がたって 
有無を言わさず 涙がドバーッと溢れました。


それは 
サラSarah という名前をもらった日。


その昔
エッセネ派という団体があったそう。

詳しいことは あまりわからないので
割愛しますが

ヨハネも イエスも 
そこで学んだとされる団体だそうなのですが、

そのエッセネ派のある修道院に
16人の修道女がいたそうです。

で、迫害されて ある時 全員処刑にされたそう。

その話を聞いた瞬間

ブワーーーって 鳥肌が立って
なんかわからない涙がドバーーーーって
出てきて 自分でもビックリ‼️

それ!私!!って なんか感じました。
有無を言わさず 感じさせられた感じ…。



私たちは そんな永遠の巡りのなかで
生かされているのですね。


私が ニュージーランドに行って

自分の中に
底知れぬ価値を感じたのは そういうことです。

私たちは
「私が今 生きてる私」だけじゃない
たくさんの想いを生きてるんだなぁっ
感じました。


そして  きっと

だから私は こうして 伝えている。
そういう人なんだと 感じました。

本質に沿って 生きるとは
そもそも そういうことなのですね。

パリ♡サント シャペルのステンドグラス
パリ♡サント シャペルのステンドグラス

さてさて 本題です。


「女である」をベースに展開するです。

そもそも 女に 土台はないのだ。
ふわふわの空くう がベースの女性。


そこに 土台を感じよう!とするのが
女性性に蓋をするということ。

女性性に蓋をして 
男性性ベースになると 苦しいんです。


ということを 前回 書いたのですが

これね↓
なんども読んで 体感として落としていってね♡

例えば 
今 私がこんな在り方がいいよ!
といったときに 

そうなろう!

とすること自体を疑うのです。


本当は なろうとしなくていいんです。

(それは = 外向きのエネルギー)


なんというか
受けとる姿勢のことですね。

よし!とか
がんばろ!とか
そんな外向きではなくて

へーーそうなんだぁ。。
っていうスタンス。


感じてみる
自分の中に受け容れてみる

そして また感じてみる。


それが そのまんま、
変わろうとしないこと。
   
女性は そこに居続けるが すごく繁栄します。


なぜなら エネルギーが巡るから。
内側にエネルギーが溜まってきます。

今まで外に向けていたエネルギーを
内に向けると 
自分の中で自分のエネルギーが巡っていく。


だから 自分を信じることができます。

それは 
不安や恐れや 
不安定な自分を塞いで 
足場にしていないからです。

塞いで足場にするときは
現実は 戦いの場と化します。

それは 無意識レベルの戦いの場。
こんな自分でいるといい自分。
こんな自分は ダメな自分。


女は不安定な生き物なんだ、という自覚は
不安定なまま それが足場になります。

不安定なまま どっしりと安定してきます。


今までみたいに 
しっかりとした足場ではないけど

そこは いつも安全で安心です。
心地よいのです。


そこに至ったならば 
不安に怯えることはなくなります。
怖さを超えて 頑張ることもなくなります。


現実との戦いや 自分との戦い自体が 
女には必要ないのです♡


続きます
すべての教えの根っこを大切にしたい♡ それは 愛でしかないのだ
すべての教えの根っこを大切にしたい♡ それは 愛でしかないのだ

 

 

『今ここで 自分であることを歓んで生きること』

『愛する人たちとの関わりを通して 愛を育むこと』

 

この世からの旅立ちに持っていけるものは、分かち合い育みあった愛だけ。あなたの中にある愛を大切な人たちと分かち合い、ありのままのあなたを味わい愛でることができますように。無限に広がる世界を豊かに生きることができますように 願いを込めて。

 

               Sarah