嫌われる勇気


なんだか いろいろ読みたくなって
この1ヶ月ほどで 7冊の本を読破して、
残り2冊の 実践ワークをしています。
自分でやってみて 納得の成果を実感したら 
ご希望の方にシェアしますね〜!

本日は 先ほど読み終えた1冊をご紹介♡
3年前に出版されているので 読んだ方も多いかな?

『嫌われる勇気』
他者の期待を満たすために生きてはいけない、アドラー心理学をわかりやすく書いてありました。

興味のある方へシェアしますね✨
アドラー心理学
嫌われる勇気
「人生が複雑なのではない。あなたが人生を複雑にし、それゆえ幸福に生きることを困難にしているのだ」「『変われない』のではない。『変わらない』という決断を常に行っているだけだ」「自由とは、他者から嫌われることである」

幸せの秘訣は 自分を好きでいること。
自己受容すること。とは、ありのままの自分、かっこ悪い自分も情けない自分も 全て認めて 受け入れるという姿勢。これができると、他者承認が必要なくなって自由になれるとあります。
他者承認欲求とは、人に褒められたい、認められたいという欲求で、これを指標にしていると人に褒められないと、そんな自分は価値がないと感じたり、他人の望み通りの人生を歩まざるをえなくなる、が!自己受容がしっかりできていると 他者承認は必要なくなる。自分が自分を認めていればこそですね♡人の評価から自由になります♡

そして、横の関係を築くことの重要性も、書いてます。人が 周りの人と過ごすなかで 自然に持つ関係は どちらかひとつです。あなたは、たて?よこ?どちらでしょう?
人を幸せにする関係は よこ♡
年齢、地位など 上下の意識が縦の関係です。横の関係とは 年齢や地位など関係なく 存在意義として 大切にする仲間意識という感じでしょうか。
縦の人は とにかく年齢を気にしたり、上司はもちろん、お友だちとも縦。あらゆる対人関係を「縦」でとらえる。どちらが優れているか、A君の意見には従うが B君には耳を貸さない、など人に優劣をつけます。他者信頼がなかなかできないかもしれない。子どもを見るときも。これは 少し複雑になるので 後述します。
横の関係を築けると ライフスタイルが大転換する、とあります。意識の上で対等になるということ。人はみな価値ある個人であり 存在の上で優劣なし。 みんなみんな 対等で同じ価値ある人である。この意識が自分の中に浸透すると、自分を大切にできるし、共同体の見えないしがらみやジレンマから 自由になれるのでしょうね。
自分も人も 尊重できる♡
そうそう、子どもについても 同様です。私の大切にしていることのひとつに 『子育ち』というのがあります。子どもを信頼して任せて 育ちを見守るという姿勢。やることなすことに手出しや評価をしない。ありのままを受け入れ 認められて育つとどんな子に育つのかなぁ。
アドラーに言わせると、縦の関係で子どもを見ると 必ず下に見ることになる。言うとおりにしないと叱る。いいことをすると褒める。でも、言うとおりってなに?いいことってなに?それは親の指標です。そして、叱ることも褒めることも 縦の関係から生まれること。褒められるために動く子になってしまう。大人たちの指標で 自分の枠を作っていく。
子どもは 存在しているだけで尊い存在で 大人が忘れてしまった感覚や能力をたくさんたくさん持ってる。子どもを信頼して 任せてみる。子どもたちの持つチカラを大切にする、と、枠を越えてのびのび開花するんじゃないかなぁ、と実践しています♡叱るかわりに、褒めるかわりに、ありがとうを伝えること♡なにかしてくれたとき、だけじゃなく 存在していることに、私と一緒にいてくれることに、生まれてきてくれたことに 私はいつも感謝を伝えます(*^^*) イライラしてしまうこともあるけど きっとそれは私の問題だなと 思う。同じ状況でも 自分の気持ちによって感じ方って だいぶ違いますから。


あとは、『いま、ココ』を生きる大切さが書かれてました。『今 ここ』って 人はそこしか生きられないから。幸せを感じるのも『今、ここ』 だけです。なんとなく過去にも未来にも ぼんやり光を当てて生きるのではなくて 『今ここ』に強烈なスポットライトを当てて生きることこそが 幸せに生きているということ♡確かに 今ここの感覚を味わっているときは 思考の中に 過去も未来も入ってこないです。椅子の感触、持っているものの感触、食べもののおいしさ、味わっている感覚♡感じてみて!その間は思考は入ってこないから♡毎日の暮らしのなかで感じる感覚を存分に味わうことって 女性性の役割♡たくさん感じることが 魂の幸せ♡今ここをたくさん 感じていきたいなぁと思っています。


写真は 先日訪れた 長野県泰阜村。
暮らしの学校だいだらぼっちです。 

自然の中で 自然と共に生きている 
まさに今を生きている子どもたちと
それを支えてくれている大人たち。
訪れるたびに ただいるだけで 
学ぶものがたくさん♡

ありがとうございます。
すべての人、物、出来事に
感謝を忘れずに生きていきたいです。

 

 

『今ここで 自分であることを歓んで生きること』

『愛する人たちとの関わりを通して 愛を育むこと』

 

この世からの旅立ちに持っていけるものは、分かち合い育みあった愛だけ。あなたの中にある愛を大切な人たちと分かち合い、ありのままのあなたを味わい愛でることができますように。無限に広がる世界を豊かに生きることができますように 願いを込めて。

 

               Sarah